Categories

初心者や高齢者でも安心~ツアーで歩き遍路をサポート~

男女

四国遍路の巡り方は霊場を開いた弘法大師の懐の深さを反映してか、どこをどのように巡ろうとも自由なのが特徴ですが、達成感を一番感じるのがすべてを歩き通す「歩き遍路」です。歩き遍路はお遍路さんの本来の姿であり、四国の大自然や四国独特の「お接待」と呼ばれる土地の人とのふれあいを満喫できるものです。しかし、総距離1400キロに及ぶ長丁場の旅は「修行の旅」ともいわれるほど過酷なものです。のどかなお花畑の遍路道を行くこともあれば、「遍路ころがし」と呼ばれる急峻な山道を一日かけて登ることもあります。苦労や困難が多いですが、すべてを歩き通した時の達成感や満足感は人生が変わるほどだといいます。徒歩で遍路を体験してみたいと考える方は多くいますが、「道が分からない」とか「急に体調が悪くなったらどうしよう」など、一人では何かと心配があるものです。そのような方に向いているのが歩き遍路ツアーです。こうしたツアーには遍路や道に詳しい「先達」と呼ばれる人や搬送車が同行しているので、道に迷うことはありませんし、急に体調が悪くなってもすぐに対処してくれます。数名のグループなので一緒に行く仲間がいるのも心強いものです。

歩き遍路ツアーの多くは一度に四国八十八か所を歩き通す「通し打ち」ではなく、日数を決めて何回かに分けて歩く「区切り打ち」のツアーを企画しています。そのため、毎日歩く距離も無理のないものになっているので、体力に自信がない方でも参加が可能です。とは言え、歩き遍路には長い時間歩けるそれなりの体力は必要となります。体力を気遣ったゆったりとしたペースと言え、毎日約20キロ近く歩く必要があるので、出発前にはジョギングやスクワットなどのトレーニングを積んで足腰を鍛えておくといいでしょう。自分の足に合った靴を選ぶのも大切なことです。毎日歩き通しだとどうしても足にマメや靴擦れができてしまうものですが、少しでも自分の足に合った、歩きやすい靴を見つけておく必要があります。歩き遍路は本来、自分の荷物はバックパックなどに背負って行くものですが、こうした荷物が長丁場を歩いていると負担になってくるものです。その点、ツアーなら煩わしい荷物を搬送車に預けておけるので、重い荷物を背負うという苦痛には無縁なのはうれしいことです。歩き遍路ツアーはお遍路に最適な春と秋に催行されるので、生涯で最高の旅になること間違いありません。

日本